しおらしくではない、辛辣に!!

心のミネラルは足りてますか?心身共に栄養不足は健康の大敵だ!!

常に和服でいたい

今年の夏も暑かったですね。寒い日が続いた時もありましたが。

9月入ってからも残暑が厳しくて、秋はどこいったのでしょうか?

おかしいな。今週から涼しくなると天気予報で見たような気がするのだが…。

来週からか?お住まいの地域によっては、もう涼しい所もありますよね。

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?体調は崩してはいませんか?

 

夏の熱中症対策や食欲無い時のご飯替わりとして、私は甘酒を飲んでいます。

9月に入ってからも飲んでいます。もう年中飲むことにしよう。

牛乳、豆乳に加え、甘酒が嗜好品となりました~。

甘酒は飲む点滴とも言われ、水分、塩分、糖分が程よく含まれております。

また、発酵食品であるため腸内環境にも良いです。

腸内環境が良くなると、健康も良くなるし、お肌の調子も良くなりますよ!

朝、1杯飲む程度(暑い時は、間食にも)飲んでいるのですが、

大変、便通が良くなりました。

腸は第二の脳とも言われていますから、大事にしたいですね。

温めるも良し、冷やすも良しです!(健康に良いのは温かい方ですね!)

お米アレルギーがない方は、ぜひ飲んでみてください!

味の好みは自分で各メーカーや、お店の味試してみるのが良いですよ!

お気に入りの味見つかると良いですね。

私は市販品なら森永の甘酒が好みです!お店で飲む甘酒も美味しいですよ!

www.morinaga.co.jp

 

同じく森永の甘酒を飲んでいる方、容器裏の絵見たことありますか?

私は買う容器大体この絵だったのですが(他にもあるのかな?)

プリンターでスキャンした画像挙げますね。

f:id:shixi-tasolt:20170914174346j:plain

豆知識と甘酒の工夫レシピが載っております。

江戸時代、一般庶民の多くは、高価なうなぎではなく甘酒を飲んで、

冷房のない暑い夏を乗り切ったのです。

 と夏の対処法の豆知識がありますが…。

さて、江戸時代と現代、違うところはどこでしょうか。

そう、和服です。(他にも色々違いますが、今回は置いときます)

これは作務衣でしょうか。夏だから甚平でしょうか。

とにかく、夏の暑さ乗り切れたのは、甘酒だけではありませんよ!

この格好こそが暑さ対策だよ!!

おそらく、作務衣や甚平の素材は綿だろうから通気性抜群。

現代人はやれ、スーツだ、制服だ、洋服だで自分達の文化忘れているよ!

通気性悪い!!特に、制服、スーツ!!汗だらだらだよ!!(個人の感想)

江戸時代が終わってから、約200年くらいでだいぶ変わってしまいましたね。

今年の7月に出かけた時、浴衣を着ていた黒人の方を見かけたのですが

外国の人の方が日本の文化嗜んでいるよ!!

現代では、和服着る方が変みたいな風潮になっているからなぁ。

(地域にもよりますがね…。)

 

よし、こうなったら学校を寺子屋にして且つ制服を廃止にして作務衣や甚平にしよう!

(着物も可!!)小さい頃から、和服を嗜んでいれば大人も着るだろうし。

銀魂も流行っていることだし、和服に戻っても良いのじゃない日本人!!

銀魂、アニメも面白いけど、実写も良かったなぁ。

流石、勇者ヨシヒコシリーズ監督の作品です!

銀魂だけではなく、歴史ものの特集とか作品見てても、

あぁ、和服って楽で良いよなぁと思う。

 

和服は、ゆったり着られるからフリーサイズみたいなものだし、

着脱衣も楽だし。(着物、浴衣は慣れるまで難しいけど)とにかく楽尽くし。

袖が鬱陶しいと思っても、たすきがけすれば邪魔にならない。

それに、たすきがけは肩が後ろに戻り血流が良くなる!!

デスクワークの増えた現代にも大変適していると考える!!

 

もし、日本人が和服の人が再び増えたなら。

お祭り、初詣等といった行事の時だけではなく、常に和服でいたいですね。

暑い時は甚平、寒い時は作務衣を着たい。

あ、寒い時は作務衣とかだじゃれになっとるwww

(作務衣)はさむえと読みますが、さむいとも読んでも間違いではないらしい。

↓下のサイトに書いてありました。(でも、辞書ではさむえが通説ですね)wasuian.com

 

スティーブ・ジョブズアインシュタインが同じ服を複数買い着ていたように、

私も甚平・作務衣で生活したいなぁなんて考えるシィータソルトでした。

curazy.com