しおらしくではない、辛辣に!!

心のミネラルは足りてますか?心身共に栄養不足は健康の大敵だ!!

1月25日がホットケーキの日であり、中華まんの日でもあるのは、日本最低気温の日が由来だとか

今日は、1月25日。とても寒い日でした。

明日は、日本海側では、大雪だそうですね。全国的にも極寒だそうです。

 

さて、今日1月25日は、過去に日本最低気温を記録した日だそうです。

北海道旭川気象台において、-41.0℃を記録したのだとか。

この日本最低気温を記録したことから、ホットケーキの日、そして、中華まん(あった

旭川まん)の日が制定されました。

 

ホットケーキの日を制定したのは、森永製菓株式会社です。

特に寒くなるこの時期に美味しいホットケーキを食べて心も体も暖めてほしいとの願い

を込められています。

 

www.morinaga.co.jp

 

ちょうど、今年は、森永ホットケーキミックス60周年記念キャンペーンを開催している

みたいです。

www.morinaga.co.jp

 

詳しい歴史を知りたい方はこちらから。

www.morinaga.co.jp

 

 

森永製菓の公式サイトには、レシピも載っていますよ!

下のリンクは公式サイトで、レシピ検索で商品のホットケーキに絞って検索したものです。

www.morinaga.co.jp

週間アクセスランキングの1位が、今日がホットケーキの日だからか、

ホットケーキの基本の焼き方についてのレシピが上がってました。

画像:ふんわりホットケーキの基本の焼き方・表ワザ5カ条 | 天使のお菓子レシピ | 森永製菓株式会社 より

他の商品のレシピも豊富ですよ!レパートリーを増やしたい方はぜひ活用しましょう!

www.morinaga.co.jp

 

では、私からもホットケーキミックスを使ったレシピを。

私のこちらの過去記事を読まれて覚えている方は、何のレシピのことかわかるかもしれません。

shixi-tasolt.hatenablog.jp

はい、揚げ芋についてです。

北海道に遊びに行く時、必ずお店で販売されているのを見かけたら食べる揚げ芋です。

お店の商品は、衣の材料に何を使っているか存知あげないのですが、私が作る時は、

ホットケーキミックスを代わりに使っています。

 

では、私の超大雑把レシピ☆彡

材料

  • じゃがいも  食べたい分だけ(ちなみに、目安として、お店のものは大きいの2つくらいを串に刺しています。)
  • 茹でる時の味付け塩  大さじ1
  • ホットケーキミックス 食べたい分のじゃがいも全部の全体をきちんと包める量
  • 揚げ油    適量
  • 水   じゃがいもが浸るくらいの量

 

 

作り方

  1. じゃがいもをよく洗い、皮をむきます
  2. そのじゃがいもを鍋に入れて、じゃがいもが浸る分の水を入れて、大さじ1の塩を加えます
  3. 茹でている間にボウルの中にホットケーキミックスを作りましょう(ホットケーキミックスの袋に作り方載っているはずですので、そちらをご確認ください)
  4. 茹でたじゃがいも(つまようじや竹串などが刺さるくらい)を取り出し、ホットケーキミックスの入っているボウルの中へ入れて、じゃがいも全体にたっぷりと包み込むようにつけます(じゃがいもが見えてはいけません)
  5. 揚げ油を温めます。詳しい温度は計っていないためわからないですが、揚げ物全般は170~180℃くらいとあるので、それくらいの温度まで。

    cookpad.com

  6. 温めた揚げ油の中に、ホットケーキミックスをたっぷりつけたじゃがいもを掬って入れます
  7. キツネ色になったら取り出して、完成です!!
  8. お好みで竹串刺すとお店で出している商品のものを食べている気分になれます

ぜひ、作ってみてください。美味しいですよ!!

 

 

また、中華まん(あったか旭川まん)の日は、あったか旭川まん推進会議が制定しまし

た。寒い日は温かい食べ物の美味しさが引き立つことから、寒さという貴重な地域ブラ

ンドを活かしご当地グルメのあったか旭川まんをPRしています。あったか旭川まん

は、北海道らしい具材と自由な形状で人気を集めているそうです。

 

あったか旭川まんをネット検索したら、Twitterで公式アカウントを見つけました。

以下、あったか旭川まんの画像が載っていたツイートの引用です。美味しそう。

 

 

本当、色々な種類がありますね。どれも美味しそう。こちらはほんの一例ですので、他

にも気になる方は、あったか旭川まんの公式Twitterで調べてみてくださいね。

 

今日は、他にも記念日が制定されています。他のを知りたい方は、こちらからどうぞ。

でも、毎日記念日ですよね。気になる日を検索してみるのも面白いと思います。

www.kinenbi.gr.jp

 

寒い日は美味しいものを食べて、エネルギーを蓄えて寒さを乗り越えましょう!!

以上、1月25日は、ホットケーキの日で、中華まんの日で、日本最低気温の日について

でした!!