しおらしくではない、辛辣に!!

心のミネラルは足りてますか?心身共に栄養不足は健康の大敵だ!!

2月17日は天使の囁きの日。それは冬に舞い降りるダイヤモンドダスト

もう過ぎてしまいましたが、印象に残ったので忘れないように話題にしていきたいと思

います。

ウェザーニュースを定期講読しているのですが、昨日、2月17日に素敵な名前がつけら

れていることがトピックにありました。その名は「天使の囁きの日」

天気とは、関係ない名前ですが、これはなんとダイヤモンドダストのことだそうです。

何故、天使?気になるのでネット検索してみました。

weathernews.jp

 

記念日のことは、一般社団法人 日本記念日協会に聞け!

というわけで公式サイトから引用してきました。

1978年2月17日、北海道幌加内町母子里では非公式ながら氷点下41.2度の国内最低気温を記録。この記録をもとに1987年に地元の有志で作る「天使の囁き実行委員会」が生まれ、寒さを通して人々の出会いの場をと同委員会が「天使のささやきを聴く集い」と名付けイベントを始めた。1994年に記念日を制定。「天使のささやき」とは氷点下20度以下になると空中にできる氷の結晶、ダイヤモンドダストのこと。

一般社団法人 日本記念日協会より

 

なるほど、天使の囁き実行委員会というのが由来かぁ。では、何故、この委員会は天使

 (以下略)と名付けているかも気になるところですが、納得しておきます。委員会名が由

来。

そういえば、過去記事で、日本最低気温の日を取り上げたことがありましたが、

調べていて、非公式でもっと最低気温を記録している日があるなんて見ましたが、

まさかこの日だったとは。

shixi-tasolt.hatenablog.jp

 

天使の囁きの日の制定年は1994年。私と同い年なのかぁ。親近感湧いてきた。

だから、このニュースに惹かれたのかな、なんて。

では、ダイヤモンドダストとは何か?

https://smtgvs.weathernews.jp/s/topics/img/201802/201802130215_box_img2_A.jpg?1518665030

 

極寒が生み出す神秘「ダイヤモンドダスト」 - ウェザーニュースより

 

ダスト(埃)とついているけど、氷の結晶のことです。

地上の温度がマイナス20〜25度以下になるような極寒の地域で発生します。

昇華によって起こった氷晶が光に反射してダイヤモンドのように輝くことが由来です。

そういえば、普通の埃も光に当たっていると輝いてますね。私にとっては大敵ですが。

ダイヤモンドダストの場合、上から下へ降ってきている状態を指して、空気中を浮いて

漂うことは、「氷霧」というそうです。天気のニュース見ているといつも思うのです

が、ちょっとした変化の違いを指す語彙が豊富だなぁと思います。日本語って、曖昧さ

をよく表現しますが、ものの説明する言葉となると曖昧さを補うように存在すると思っ

てしまいます。

 

ダイヤモンドダストができやすい条件は、

https://smtgvs.weathernews.jp/s/topics/img/201802/201802130215_box_img3_A.jpg?1518665030

極寒が生み出す神秘「ダイヤモンドダスト」 - ウェザーニュース

さらには、ある程度の湿度も必要です。水分の塊ですしね。

 

極寒の場所でしか見られないものですが、ダイヤモンドダスト、あとオーロラも見てみ

たいなぁと思います。

 

以上、2月17日は、天使の囁きの日についてでした!!