頭痛が慢性化寄りになってきたように感じる

1ヶ月前に、インフルエンザにかかってから寝られるようになり、頭痛が寛解してきた

かもと喜んでいたが、2月に入ってから、また寝られない、薬の効き目が悪い日などが

目立つようになってきた。

 

左目が痛くなってきている。視界がぼやける時がある。

寛解期が終わってしまったのか。

また、元々春から数ヶ月くらいだったのが、初夏から現在までなのだから、頭痛期間

が伸びたと言った方が良いな。

寛解期があると反復性群発頭痛となり、ないというのは慢性群発頭痛となる。

寛解期なしで、1年も続いたらと思ったらぞっとする。

しかし、この1ヶ月の寛解期で、また数か月続いたとしたらもうほぼ1年悩まされている

ということになる。

慢性化寄りになってきてしまったな。症状も年々重くなってきたていると思うし。

 

初期頃はとにかくわからないから、医者にかかるだけではなく、針・マッサージだって

受けたがあまり効果が感じられなかった。しかし、そこでわかったことは、首が長いか

ら肩が凝りやすいことでそれも頭痛に繋がるだろうということだ。

気持ちよかったし(肩ががちがちに固くなっていたこともわかったし)、

悩みの症状にお話聞いてもらえたし、東洋医学科に相談してみたらと病院を教えても

らえたし。けど、症状が重くなってしまってからは仕事も休職したし、病院行く以外は

外出を控えるようになった。実際そうして正解だったしな。

発作でている時は、のたうち回って、もの破壊するほどの暴れっぷりだったからな。

気づいたらプラスチックケースの半分が破壊されているのが転がっていた時は、

どうやって破壊した?と記憶がなかったことに驚いた。拳で殴ったのか、蹴り飛ばした

のかちっとも思い出せない。この状態で大人しくマッサージや針受けられなかったこと

だろう。

 

もう少し、西洋医学にお世話になろうと思うが(検査という点は西洋医学でしてもら

わないとね)、効果が認められないようだったら、東洋医学漢方薬飲んで体質

改善することにしよう。

西洋医学で飲んでいるのは劇薬だからなぁ。長期にわたって服用したくない。まして

や、自己注射とかしたくない。

未だにあれには、手をつけていない。劇薬を痛い思いして入れるとか、とんだ自傷行為

だよと思っている。錠剤や点鼻薬でなんとかしている。

東洋医学で体質改善されたら、他にも悩まされている症状も改善するかな。

体調不良の悩みが多すぎて困る。とにかく、どこでもいいから治して、お願いとただ

ただ祈るばかり。

 

休みだから久しぶりにブログを書こうと思ったら、朝のテレビの特集だとか、グーグル

のロゴだとか見てそういや今日はバレンタインデーだったと思い出した。

すっかり、日付の感覚も薄れている。まともな生活送れていないから、季節だとかの

風情を感じれないでいるからだ。誕生日だって、クリスマスだってケーキが食べられ

なかった非常に悔しい。

あぁ、いつもなら、好きな親友にバレンタインデーのチョコレートくれよっ!と言って

メールを送る頃なのだがなぁ。そして、これは本明?とまで聞くのが定番なのである。

友チョコだと言われて終わるけどそこまで定番だ)

それに他の親友だって会えばチョコレートをくれるのである。バレンタインデーは

チョコレートにたくさんありつけるのである。もちろん私も渡すのが楽しみな日でも

ある。昔は手作りもの作っていたけどもう手作りする時間ないしね。正確には作る元気

がない。こんな調子なら会う約束もできないのである。

おまけに今、チョコレートは頭痛を誘発する要因になりかねないから控えている。

チョコレート食べたい。遊びにも誘いたい。

好きな親友にもう何ヶ月会っていないんだ?もしかしてもう1年くらい会っていない

んじゃ?もう1人の親友は、LINEしばらく返信なかったから心配かけたこともあり、

事情を話して会ってはいるのだけど。どちらとも会いたいなぁ。他の友達からも、

ぼちぼち、調子を思い切り崩している時にメール来るという謎現象も起こるし。他の

友達とも都合合えば、会いたいなぁ。

早く寛解させたい。でないといつまでも会えないで人生終わってしまう。

 

今は、家で大人しくできることしかしていない。

けど、ブログ(コメントなどは書く元気ないからしていないが)やネット巡回や、

ゲーム画面見ても酔わないだとか少しずつ良くなっている傾向もあるし、

小説も書いているし、そういやまだ試していないが、絵も描ける集中力を取り戻した

かも試さないと。でないと小説の表紙絵をお願いもできないし、自分の小説キャラ

クター発表だってできないのである。他にもしたいことはたくさんあるのだ。

今は、月1更新に留めているが、ブログだって毎日書きたいくらいなのだ。

エッセイみたいなもんだしね。私の文章は、小説の方が向いているのか、エッセイなど

の人生譚を綴る方が向いているのかの模索にもなるし。

 

早く薬に頼らなくても元気というくらいにまで良くしたい。

人生に制限かけられるとか勘弁だ。

小説投稿も健康がなくてはできぬ。だから、今回は筆を折ろう

インフルエンザが猛威を振るっている寒い寒い日々が毎日容赦なく訪れる2019年の冬。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

私は1月になってからしばらくしてインフルエンザになりました。

10年ぶりくらいになるだろうか。

体調をしょっちゅう崩している私でもインフルエンザになったのはかなり久しぶりなの

ですよ。

 

まぁ、今回はしょうがない事情があったし。

しばらく悩まされていた頭痛のせいで大変寝不足が祟っていたからな。

そこを家族が感染していたのをうつったのだろう。

蔓延していたのですよ。我が家でも。

いやぁといっても、インフルエンザになっている間は、インフルエンザによく特徴的に

挙げられる症状である、高熱、関節の痛み、悪寒がまさに出ていて、

あとは、元々患っていた喉の痛み、咳が激しくなってさらに肺が痛くなったのでした。

 

そして、ここからが不思議なのですが、病院をさらに大きいところに紹介状書いて

もらって受診した時期と、インフルエンザになった時期が同じくらいなので、どちら

の要因が働いた不明なのですが、頭痛が寛解期を迎えたような気がするのです。

病院を変えて、治療方針を変えて薬を違うものに替えてもらったのが良かったのか、

インフルエンザの時に死んだように深く眠っていた、体のあちこちが痛かったことに

より痛みの意識が分散されていた、おまけに高熱の時って一般的に食欲失せると

言いますが、私の場合、逆で食欲旺盛になり、今回のインフルエンザでも見事 、食欲

旺盛であったため、むしろ生命力溢れていたね、と。

 

とはいえ、インフルエンザ中は関節痛くてずっとは起きていられない、

潜伏期間の一週間が過ぎても、咳、肺の痛みが治らず仕舞い、そしてインフルエンザの

後遺症なのか、新しい薬のせいかわからないけど、手が震えるという症状が出ている

ので(まぁ、たぶん寒気するからかなと思ってますが)、絵描けねぇ、タイピングも

いつもみたく打てねぇ、と時間かかるということで、今回の小説コンテストは断念

しました。

こちらでご紹介した、3名のブロガー様はコンテストに参加されていると思いますが、

shixi-tasolt.hatenablog.jp

誘った本人が辞退することになるとは・・・トホホ(´〒ω〒`)

3名のブロガー様の小説は、もうしばらくしてから拝見しようと思います。

きっと、素敵な百合を咲かせている小説が出来上がっているのではないでしょうか。

 

私の小説も昨日から、ちまちま再開し始めたので、

出来上がり次第、皆様にご覧になってもらえたら嬉しいのです。

ちなみに、参加しようと思っていたコンテストは、明々後日の2019年1月27日まで

開催中です。

www.pixiv.net

 

今からでも、仕上げられる自信のある方は参加してみてはいかがでしょうか。

 

私は今回、健康を優先かつ、この状況で仕上げたとしても妥協に妥協を重ねた

愚作になるだろうと思うので〆切は無視です。

納得いく作品ができたと自分で確信できた時、皆様にお披露目できるよう、

今はまだ泥中に沈んでおりますよ。

あぁ、あと素敵な絵師さんがいつでも表紙絵の案待っているよと仰ってくださって

いますからね。手の震えが治ったら、とっくに頭では出来上がっていた案を形にして、

表紙絵仕上げていただこうと思います。

共に大賞を目指すは残念ながら見送りですが、好機は己の行動力にかかっている。

コンテストはきっかけに過ぎない。だって、私はオリジナルの百合小説書き始めたの

だから。

〆切に対しての筆折りが発生してしまったけど、私の創作活動人生に筆を折ったわけ

ではないから、またちょくちょく書いていくのです。

私の創作においての目標は、繰り返し読んでもらえるくらいのファンを作ることです

から。今は、過去記事で何度も書いたけど、プロもアマも境界線が曖昧になるほど

の作品公開の場所に恵まれていて、誰でも気軽にできる時代。アマでも人気になれる

好機がある時代なのです。やってたら報われるかもしれないと。

でも何より、好きだからやり続けているのだという気持ちを忘れないで。

 

インフルエンザも拗らせば死に至る病

毎年、ニュースになっていて今年もよく報道されていますね。

また、1回なったからって安心できるわけでもない。違う型に感染も十分あり得ます

からね。私も過去に同じ年に2回かかったことあるので油断できないのです。

頭痛だって、再発するかもしれないから睡眠不足はできないですし。

あぁ、あと咳による喉・肺の痛み、これからアレルギーの時期でひどくなるかもしれ

ないのに、インフルエンザの後遺症で拗らせたままだって言うのによぉ!!

とにかく、今までの積もりに積もった睡眠負債を解消するように眠ろう。

少しでも元気を取り戻して、創作に当ててやるんだ。

皆様も自分の好きなことできるようにご自愛くださいませ!

2019年もよろしくお願い致します

あけましておめでとうございます。

西暦で言えば2019年。元号で言えば平成31年が始まりましたね。

と言っても元号の平成は5月で変わり、新元号の発表は4月に行われるみたいですね。

はて、今年発行されるカレンダーは、年を表すところどうやって表記されている

のかが気になる。

けど、考えてみれば、カレンダーによっては、現在の平成でも昭和何年

みたいに、もし昭和の元号が続いてたらの年数が表記されているカレンダー

(通し元号入りカレンダーという名前なのですね)もあるから、

5月以降も平成31年の表記があっても問題はないのですよね。

getnavi.jp

 元日と言ったら、書初めならぬ描初めの年賀状イラストを描きたい

と思っていたのですが、

描ける体調ではないため、また、コンテスト小説とイラストを進めないと小説の筆も

折りかねないので、余裕ができたら、猪のキャラクター描こうと思います。

 

それでは、こんな私ですが、今年もよろしくお願い致します。

2018年も大変お世話になりました

さて、今年、最後の投稿ですね。

9月に一旦、ブログ閉鎖して10月に戻ってきて。

閉鎖前の毎日投稿時も常に体の何処かしらが痛いとか辛いばっかりの文章に自分

でも辟易しているにも関わらず、コメント等で皆様から大変温かいお気遣い

いただきましてありがとうございました。

戻ってきてからも結局調子が変わらないし、文章にも反映させてしまっているし、

創作の手も進捗が中々進まずですが、

不定期に顔を出せるようにしたいです。

ブログは、私の居場所の1つであり、憩いの場であり、深層心理を大いに愚直に表現

する場であり、何より創作発表の場であります!(ーωー)>

あとは、直接お会いする縁が生まれるという場にもなりましたね~。

私がまさか、直接ネット上で知り合った方とお会いしようという気になるとは思いも

しませんでした。楽しかったですね~。

体調が良くなったら、そしてお会いできる機会をまた作りたいなぁと思える余裕が

出来たら作りたいと思います。

お誘いがありますからね~。他にももしかしたら、いらっしゃるのだろうか?

まぁ、交流をよくしてその方を知ってからお会いしようと判断しておりますので。

けど本領は、創作にあり!ですので!!

 

1人1人にコメントを書く元気があったら言及などして、書きたいくらいでしたが、

できそうにないので、こちらの文章でまとめさせていただきます。

 

では、短い文章となってしまいましたが。

2018年も大変にお世話になりました。

良いお年をお迎えください!

百合小説なんとか執筆中

ブログの更新が奇跡的に3日連続になった。

まぁ、発作が落ち着いている時間帯ってこのあたりなのよね。といっても、日によって変わるという時もあるのだが。

小説書くのの気休めに体調不良の愚痴を思い切りこちらで書かせてもらっているのさ。

発作中は、痛くて暴れているのだけど、鈍痛の間は何かしていないと強迫観念に

駆られていてですね。

希死念慮が面倒なのだよ。おのれ、自殺頭痛もとい群発頭痛

脳の興奮を抑える薬を飲んですらいるのにちっとも効かないのだ。

やはり、私は薬が効きにくい体質のようだ。よく言えば、臓器の解毒作用が

ちゃんと働いているということだ。はたらく細胞。うん、漫画のタイトルかな。

元気のない私だが、体内の細胞達はしっかり働き者である。

しかし、イライラしたり、気分が落ち込んだりと感情が面倒なことになっている。

おまけに胃の荒れ様。またひどくなったら鼻から胃カメラで胃の具合を見なければ

ならない。わぁ、嫌だ。何が嫌って、麻酔切れたあとの血の味と痛みよ。

愚痴はここらへんにして、

あいにく、皆様のブログにお邪魔してコメント残す元気ががないので(また、私が

はてなスターを外したため、私も皆様のブログに、はてなスターをつけておりません。

グリーンスターは別ですけど。一方的に自サイトへのリンク貼り付けは卑怯だと思い

私の主義に反する)

投稿したらさっさとログアウトしているという感じになっておりますが。

 

まぁ、いい本題に入ろう。

昔、書いたメモ・ノートが見つかった。

とはいえ、それは練習書きみたいなものだからコンテストに出すかはわからない。

けど、複数作品投稿可能だったと思うから、時間があったらそれも一緒に投稿する

ことにしよう。

ネタバレは一切しないけど、せいぜい言えることは、私はハッピーエンドものが好き

だから、今回は大変書きやすい題材であることだ。

 

○こんな作品を求めています
女性同士の交流の中で生まれる、特別な親愛が描かれた作品。思わず口にしたくなるようなセリフや、心に沁みるシチュエーションに出会えることを期待しています。 

 

www.pixiv.netより引用

 

今まで、何故モテたかはわからないけど、

女の子から好意を持たれた時の自分を思い出し、あとは小説に投影できればと思う。

ある意味、ノンフィクションに近い百合小説みたいなね。

年内にほとんど完成させ、投稿は1月上旬頃にしようと思う。

しっかり自分で校閲しないとね。だから年内に投稿はやめた。

あとは、小説のキャラクターデザインをしなければならない。

私は作ったキャラクターは必ず可視化させたいので描いているのである。

コンテストの投稿されている小説の一覧をちらっと覗いているが、

ほとんどの方が、pixivのテンプレートであった。

表紙のデザインは審査の対象にはならないだろうけど、私は表紙も含めて、

自分の出せる限りの力を発揮したいと思う。

ただ、私は絵描く元気がないため、1月ならば漆うしるさんが表紙を描いてくださる

ようだから、どうしても描けない時はお願いしようかと思う。

メールで冗談で言ったつもりがまさかの承諾されてしまうとは思いもしなかった。

ただ、これはもしもの場合なのです。うしるさんも描かれたい絵がたくさんあるで

しょうから。それでも、ありがたいことですね。直接関わったことのない者へ手助けし

ますよ!って手を差し伸べてもらえるのって。

 

さぁ、皆様を百合の世界へ誘えるように、私も自分の病気に屈しないように。

小説の執筆を再開なのです。

メリークリ(ン)スマス!凛サンタ再び!!

約束通り、絵が完成したので、

クリスマスイラストを公開したいと思います。

鈍痛の間に仕上げたさぁ。今日も私は群発頭痛でクルシミマスの日であった。

それは、さておき、約45分のフリーハンドクオリティであります。

ちなみに、昨年もフリーハンドでなのである。

今年のと比べてみよう!違うところがあるはずさ!

昨年の↓

www.pixiv.net

まぁ相変わらず、低クオリティです。それでも、今年も、凛ちゃんサンタが来てくれ

ました。

 それでは、今年の2018年フリーハンドで描いた凛ちゃんサンタです。

f:id:shixi-tasolt:20181225202708j:plain

 

 

「さぁ、早くクリスマスプレゼントを配らなきゃ」

天使達は、生きとし生ける者達を幸せに導く仕事をしており、

今日、クリスマス本番となった真夜中、サンタクロースの手伝いをすることが、

仕事内容であった。

善い行いをしていた者に、老若男女問わずプレゼントを配っていた。

天使は、受取主の前に立つと、眠っている主を起こさないように手から淡い光を

輝かせる。

その光からは、サンタクロースから預かった受取主を幸せに導く物が入っている箱が

現れる。

 

「本年もよくあなたの他者への思いやりの言動を見守ってました。

これは、些細な贈り物です。どうか、これからもそのままのあなたでいてください。

そして、これからもあなたの人生に良いことが起こりますように・・・

この物がどうか、あなたの人生の助けとなりますように・・・

メリークリスマス」

そう、言い残して、凛サンタは一瞬で受取主の前から消えた。

眠っている主の飾っていた靴下は、

サンタクロースから預かった天使からの贈り物の入った箱で膨らんだのであった。

目覚めたクリスマスの朝、今年は何が入っているかなとワクワクに膨らんでいた心に、

願った贈り物を見た喜びが幸せを注ぎこみ満ちていますように。

www.pixiv.netpixivにも同じ絵を上げてます。

よろしければ、こちらでもご覧になってください。

 

皆様に良いことありますように!!

メリークリ(ン)スマス!!

グンパツズツウニクルシミマス・イブ

大変、鬱々とした文章が繰り広げられます。

クリスマスで浮かれている方が読まれるとごっそりその気持ちが落とされること間違い

ないことでしょう。

というわけで、こういう文章を読んでも、自分は自分、他人は他人と割り切れる自我

が確立した方のみお進みください。まぁ、皆出かけてたり、なんなら休日出勤とかさ

れてたり等、それそれの事情で忙しいだろうに、わざわざこのような文章に触れるなど

自ら、ホラーな気分でも味わいに来たのですか?

私はただ、小説を書くリハビリがてらと、憂さ晴らしで書いているだけであるのです。

お付き合いくださるなら自己責任でお願いしますね~。

 

今日は世間的にクリスマス・イブで盛り上がっているのだろう。

私は相変わらず、家で大人しく養生であった。

群発頭痛が相変わらず治っていないからである。

イブ飲んでも良くならんしな。クリスマス・イブだけに。

とまぁ、大変くだらない駄洒落はさておいて(実態は洒落にならんのだが)

メジャーな薬を飲んでも治らないのがこの群発頭痛なのである。あぁ、薬については、

もうとっくに医者から病名を診断されてから、専用の薬処方されたのを服用しており

ますよ。ご心配なく。あまり効いてないけど。

群発頭痛知名度は低いが、私のブログにお付き合いくださっている方はもう何度も

この言葉を見たことでしょう。

はてなキーワードでも出るくらいなのだなぁ。私の知り合いで知っている人、

ほとんどいなかったけど。外国で患っている有名な方だったら、

ハリーポッター役の俳優さんのダニエル・ラドクリフさんですね。

日本人だったら、誰だろう?検索しても有名な方出てこないのですよね。

むしろ、一般の人のブログだとか、掲示板サイトだとかの方がたくさん出てくる。

 

私の記事に、群発頭痛と打ったら、下線が引かれててクリックできたし。(はてな

キーワードに載っているからである)

ちなみに、群発頭痛のメジャーなイメージ画像も載っていた。

d.hatena.ne.jp

画像が小さいから別サイトから引用してこよう。

自殺頭痛

 

world-fusigi.net画像:こちらより引用 

絵でえぐい程わかる症状。私も典型的に目が抉られているかのような痛さで、

涙と涙では流しきれないから鼻から鼻水として溢れ、口も叫びたいのをこらえ、

嚙みしめすぎてその隙間から涎が出てくるという。

一言でいうならば、顔中から血を垂れ流しているかのようである。

この絵を描いた人がどのような人なのかというソースを知りたいのだが、

それを出す方法がわからない。

私もこの掲示板サイトの人みたいな気分ですよ。

こいつを患ってからますます記憶力悪くなってしまって。

まぁ、最上級の苦痛というストレスにさらされて、防衛反応で脳が忘れるように仕向け

ているのかもしれない。けどな、苦痛全然忘れられていないからな。

むしろ、昔の楽しかった記憶とか下手したら身近な人の名前が出てこないとか

不味い方向で記憶障害みたくなってしまっているからな。

あと、中々治らない不安や、劇薬飲んでて胃が荒れてて空腹でも胃に何か入ってても

どちらにしても痛い。

生活に支障が出てくるから、友人、家族、恋人、仕事などあらゆる大切なものを失く

してしまう人がいるようで。そしてこの症状の壮絶な痛さが定期的に続く人生だとか、

いつ発症するかわからない恐怖・不安だとかで絶望に呑み込まれ、自殺してしまうの

である。私も発症したであろう学生の時に死んでおけば良かっただろうかと何回も

悔やみたくなるのである。こいつの他にも重いものたくさん患っているし。

私もあらゆるものを失いそうな未来しか見えてこなくて。

なぁ、せめてさ。脳の可塑性よ早く働いてくれ。治しておくれよ。

 

また、片頭痛を題材とした絵というのも残酷に描かれていて共感できるものが多い。

群発頭痛の方が片頭痛より、痛いとされているが痛い時って、

実際どっちも痛いのには変わらないよな。私は片頭痛にしろ、群発頭痛にしろ、

寝込むほどあるいは狂気的になるほど痛がるので絵を見ただけで大変頷く。

絵だけでその人の苦しみが手に取るように、あるいは自分の痛みを代弁してくれている

かのように。

私もこのアーティスト達を見習って、頭痛の絵でも描いてみようかなぁ。

描けそうだよ。今の鬱々とした気分ならさ。それに、創作をしている理由の1つに、

世の中への風刺もしたいというのもあるからね。これだけ苦しい症状なのに、

世界三大疼痛の1つなのに、知名度も低いし、難病にも指定されていないのですよ。

医療費の補助もらいたいですよ。特に私のように長引いている人はさ。

早い人は数週間単位で治ってしまうようですけど。

 

カラパイアの方にも上記で引用した画像が載っていましたね。

片頭痛を題材にした絵をご覧になりたい方は、こちらから。

正直、ホラー絵を見ている気分です。たとえ、頭痛にあまり悩まされない人だったと

しても見たら、戦慄を覚えそうな。

karapaia.com

 

まぁ、間に合えば明日、明るいクリスマスの絵でも上げたいなぁとは思ってはいる

けども。昨年は、絵を上げられたのだけどなぁ。せいぜい喉痛と軽い頭痛程度だった

し。あぁ、昨年のクリスマスの記事は明るいこと書いてあったなぁ。

今、そんな気分じゃないから記事は非公開のままにしておこう。

昨年の上げた絵はまた上げとくけど!

 

図形ツールを駆使して描いた雪だるまの絵と

www.pixiv.net

クリスマスに間に合わせるため、超低クオリティのフリーハンドで描いた

自著『bless you!!』の凛ちゃんにサンタさんの恰好してもらってます。

www.pixiv.net

 

まぁ、まだ救いなのは、音楽聞ける・歌える、ゲームが少しずつできるようになった

こと、小説が書ける・絵を描けていることなのかなぁ。ただ、私の趣味はどれも多大

な集中力が必要となるものばかりだから、普段の自分と比較してしまうと、

何故いつものようにできない!と嘆いてしまいそうになるけど、

そこは逆転の発想で、この状況下でもできる自分すげぇと自画自賛しておくのです。

 

では、皆様、私みたく暗い気持ちにならずに、楽しい残りのクリスマス・イブと

明日のクリスマスをお楽しみください。

今日は、24日なので、メリークリスマス・イブ!!