10月30日は初恋の日だそうです!

毎日が記念日!!

今日、Twitterを見ていたら、初恋の日だそうです。

ニュースサイトも取り上げていたし、そういうネタで漫画書いたり、自分の初恋のエピソードを語るツイートとかありました。

 

では、私も書いちゃいましょうかね。

 一昨日に好きな人の話したばっかりですけど。まぁ、それは、質問箱で来たから、答えましたが、今日は自主的に書くか~というね。

shixi-tasolt.hatenablog.jp

 

初恋と自覚した時期・・・いつだろうと悩む。

上の質問箱の記事で、付き合ってもいい男の子がいた~みたいなこと書いているのですが、出会ったのが幼稚園の時なのですが、その時から好き~と言ってよく一緒にいたのですが、果たして、幼馴染として好きなのか、恋愛感情としての好きなのかが自覚がなくてですね。どこを初恋と定義してよいのか悩むのですよ。

 

ただ、ドキドキして、意識してたとはっきり覚えているのが、小学生になってからなんですよね。同級生の女の子に。一緒に過ごしている時も、寝る前にその子のこと考えながら寝付くようにするとか・・・

うん、私の初恋は小学生からかな。何年生の時だったかは覚えていないけど。好きだと自覚して、どうやって振り向いてもらおうかとかよく考えていたな。といっても、小学生の頃は、告白って恥ずかしくてできなかったんだよね。

友達として好きだよ~ならよく言ってたけど、嫌われたらどうしようって気持ちの方が強くてできなかった。ただ、別の子から、好意を寄せられて押し倒されてキスをされるという時期でもあったのが小学生の時だ。この私の同性からモテるは自分が好きになった人には発動しないが、それ以外の子には発動していたのだ。まぁ、簡単に、想いが実ったら誰も恋愛で苦労しないよねっ。それに、恋愛は実ってから関係を継続させる方がよっぽど難しいぞ☆彡それは、恋愛関係だけじゃなくて、友情関係だってそうですね。

 

・・・あまり、話が膨らまなかったな。まぁ、実ったわけじゃないからね。そもそも、始まってすらいない。

恋愛初めて実ったの高校生だからね。高校生以降は、これといった話がないのが残念ですけどね。私の一方的な片思いで終わっているからな。

では、初めて実った恋を初恋の定義とするならば~の話で高校生の時の話をしましょうか。質問箱の回答記事でも書いたのですが、部活の同性の先輩とお付き合いしました。

部活に所属して、三か月過ぎてからだから、7月くらいか。放課後、部活始まる前に先輩が話をしようって私を先輩の学年の階段の踊り場に呼び出したのですよ。あ、私、高校生の時も、群発頭痛だったのかわからないけど、頭痛に悩まされてて、部活5月中旬くらいから休みガチだったのですよ。学校にはなんとか行っていたのですが。それで、あぁ、部活辞めろって話かなと思ってビビりながら行ったのですけど。先輩が、体調大丈夫って話からして、行き辛くなってるよねって気遣ってくださり、でも少しずつでもいいから、顔だして欲しいなって。大会も秋にあるから一緒に出たいなぁって・・・。なんて、話を聞いてるうちに、部活入る前に、新入生の部活体験入部期間あるじゃないですか。その時から、あの先輩可愛いなって劇見ながら想っててその時はまだ可愛いと思っただけで。あ、私、演劇部だったのですよ。んで、音響かっこいいから音響やってみたいなと思って入部したんですよ。それから、私の高校の演劇部では、部活開始から、体操・ストレッチだとか体力づくりのための独自運動、発声練習等をするのですが、2人組みになってやるのですよね。部活で2人組みなれた時は嬉しいなとか、練習風景見ている時に演技している先輩可愛いなぁとか目で追うことが多くなって。だけど、休みガチになったけど、想いは募っていて。先輩と階段の踊り場で、思わず、先輩に好きな人っていますか?みたいに聞いて、いないと聞いて、さらに、同性と付き合うことに偏見はありますか?とも聞いて、好意をもたれたら付き合うかもなんて聞いて。これは、いけるんじゃないかと、あとフラれたとしても部活辞めてしまえばいい!どうせ、あまり行っていないんだ。当たって砕けろ!!という勢いで「あなたの笑顔に惚れました!好きです!!付き合ってください」と告白しました。そうしたら、先輩が、「大会、一緒にでてくれたら付き合ってあげる」と言われました。

私はその言葉を聞いて、ありがとうございます!とお礼をして、その日から、部活に顔を出すようになりました。といっても、頭痛治らなかったから、大会終わってから部活辞めてしまったのですけどね。でも、先輩は約束通り付き合ってくれました。

しかも、大会迎える前に、私の誕生日があったのですが、私が部活中に、2人きりの時に「誕生日プレゼントにキスしてもらいたい」ってお願いしたら、大会終わってから、最後に行った部活の部室で2人きりになれる部屋で頬にキスしてもらいましたよ。

そのあと、家に呼ぶようになって、一緒にゲームをして、そして、唇にもキスを恥ずかしがりながら私からして、そして・・・服に手をかけて・・・

おっと、これ以上はブログがBANされかねないから割愛だぜ☆彡

要するに、体の関係もあったってことさ!!でも、私が一番好きなのキスしている時かなぁ。過去記事にも書いていますが、この先輩になんですよ。キス魔って言われたの。

いやね、なんかその先輩とキスしているといつまでも唇をくっつけていたくなる衝動に駆られるわ、一緒にいたらあぁ、キスしたいなとすぐ想ってしまうとか、キスしたくなる魔性の何かを先輩が持っていたのですよ。実際、2人がキスしたら、数時間単位でしていたしね。時間の流れが早かったな。イチャイチャしている時は。

だけど、質問箱の記事にも書いた通り、高校卒業してから、忙しくなったのか、私に愛想を尽かしたのか、不明だけど連絡が取れなくなってしまいました。私の苦く痛い、失恋話さ。

でも、先輩に付き合ってくださり、ありがとうございましたと言いたい。

あんなに、可愛い先輩と甘いひと時を過ごせたのですもの。キスの相性、私的には、最高だと思ってましたよ。キスしようと顔を近づけて、嫌がる素振りをみせるもの、くっついたら、私の首に腕を回してくる、舌を絡ませるという魔性ぷりは今でも脳裏に焼き付いていますよ。

また、こんな甘いひと時を過ごせる人と付き合えたらいいな。

 

今は、来たるべき日に備えて、スキルをつけて稼ぐことと、筋トレを頑張るしかねぇ!!

 

以上、初恋の日ということで、私の初恋話でした!