peing-質問箱「会話の引き出しを増やすにはどうしたらいいのかな?」~質疑応答―第28回目~

前回の質問箱記事はこちらになります。

前回は、ピンタレストを使ったことあるか?日本で流行らない理由は?ということを回答しました。ピンタレストについて初見だったので、流行らない理由はわからないですが、登録してみようかと興味を持てました。

shixi-tasolt.hatenablog.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、では、行きましょう!いつもの掛け声~!!

 

\それでは、お答えしおー!!/

 

さぁ、始まりましたこのコーナー。

最新の質問になるとやたらと恋愛の質問が増えてきました。何故だろう?私のまわりのフォロワーさんにリア充がいるから?それとも、私の年齢を考慮して、周りが結婚と騒ぎ始めるだろうからと思って?回答できるのいつになることやら。まぁ、私、小説では恋愛はとても甘く書きますが、現実は大変辛辣なこと書きますよ。このブログタイトルみたいにね。

 

では、答えていきましょう。今回の最初で最後な質問。

34通目、匿名さんからいただきました!

 

 

f:id:shixi-tasolt:20200113211959p:plain

会話の引き出しを増やすにはどうしたらいいのかな?

 

質問ありがとうございます!!

会話ってし始めるのも続けるのも難しいですよね。私も、 世代が離れていたり、興味関心が違う方との会話って難しいと感じます。質問者様もきっと、このようなお悩みなのだと思います。

さて、会話の引き出しの増やし方ですね。まず、できることとしては、この情報社会で情報収集する際は、取捨選択をして得る情報を選んでいることと思います。だけど、普段捨てている情報にも興味・関心を持つことです。そうすることによって、突然話を振られたとしても受け答えができるかもしれません。

 

次に、予備知識を増やすことだと思います。興味関心があることは、もう自分の興味の赴くままに情報を収集することでしょう。だけど、興味ないことには時間を割かないですよね。そこを割くようにしてみて情報を得てください。興味関心があることと同じくらいに。そうして、興味あることぐらいまで話せるようになるとより良いです。そうすることで、普段話をしない方とも話をできるようになるかもしれません。

 

さて、ここまでは、話すことができる人を前提で答えましたが、聞き役に徹するのもありです。もちろん、話すことができる人、情報収集する時間がない方でも活用できる方法です。心理学用語では「傾聴」というのですが、ひたすら聞いたり、相槌をうったりして、相手から話を引き出すのです。あと、加えて質問もできると良いですね。5W1Hって聞いたことがあるでしょうか? Who(だれが) When(いつ) Where(どこで) What(なにを) Why(なぜ) How(どのように)ですね。

これらを意識して、質問をしてみるとそれだけ会話が成り立ちます。

また、強調して聞きたいことはオウム返ししてみるのも手ですね。

あと、詳しくないことに関しては、私は〇〇のことを存じなくて、良かったら教えてくださいみたいに、正直に知らないことを言って相手を気持ちよく知識を披露させてあげる機会をつくるのも手ですね。そして、相手の話を聞いているうちに同じくらい、あなたもそのことについて知識がついていると思います。

 

とにかく、色々なことに興味・関心を広げること!話を聞くこと!!だと思います。

偏見を持たず、色々なことにアンテナを広げていれば、あなたのところに素敵な情報が舞い込んでくることでしょう!

 

 

さて、今回はここまでです。また、皆様からの質問お待ちしております!!

私の質問箱とマシュマロのリンク貼っておきますのでこちらからどうぞ。


 

私を信頼できて相談されたいこととか、送りたいメッセージありましたら下記の質問箱やマシュマロリンクから、または、ポケモン図鑑風画像下にあるシィータソルト・リンクからどうぞなのです!!

 

peing.net

 

marshmallow-qa.com

マシュマロの方でも歓迎ですよ~。

 

 

匿名じゃなくてもいいよーというはてなブロガー様に関しては、コメント・はてなブックマークコメントにて書いていただいても問題ないですよ~。

お答えできることなら何でもお答えしましょう。 

もちろん、検索流入からの読者様も私に質問ありましたらどうぞ!

 

もしかしたら、ラジオで質問箱やマシュマロで回答する時があるかもしれません。

もし、ラジオがいいよ、または、ブログがいいよ、という指定がある方は、質問に添えて書いてくださいね~。

 

以上、質疑応答第28回目でした!!