2020年バレンタインは、優唯と凛のドキドキ♡バレンタイン!!

親友への告白記事がもはや長文小説になりそうだよ!!!!!

そりゃ、会話している内容まで詳細に書いていたら長くなるわ!!!!!

あぁ、要約し直そうか!このまま突っ切るか!!明日はどっち!?

となっている中、今日はTwitterを覗いていると、2月14日はやはり、恒例と言っても良い、バレンタインデーの話題で賑わっております。

他にも、ふんどしの日だとか、イケメンの日でもあるらしいですね。

ふんどしの日は、私、ディスカヴァー・トゥエンティワンという出版社様と最近Twitterで繋がったのですが、ツイートが流れてきたので、つい興味を持ってリプ送ったのですよね~。詳細見たい方は、こちらをご覧ください。

 

 

ふんどしは血行を良くするから健康に良いって。ふんどしどころか、和服も良いのですよね。だから、本当、和服で過ごしたいなぁと思っています。だが、和服って高いので中々数を揃えることができないのですよね。あと、涼しい季節に温かく着られるものが見つからない。良いの見つかったら家では年中和服でいたいですね。よし、これを機に過去記事を復活させておこう。

shixi-tasolt.hatenablog.jp

では、また、バレンタインデーの話題に戻して!!

タイトル通り、私の一次創作小説『bless you!!』の優唯ちゃんと凛ちゃんのバレンタインデーに注目していきましょう!!今回は地の文なしのSS小説!!

 

 

優唯
優唯

あ、凛ちゃん!!やっと見つけたよ~。どこか出かけてた?

 

凛

今日はバレンタインデーだからチョコレートケーキでも作ろうかと思って。材料をヘブンショップで貰いに行ってたわ。

 

 

優唯
優唯

そうだったんだ!じゃあ、これから作るってことかな?私はもう作ったからあげるね!はい、トリュフチョコだよ!ハッピーバレンタイン!!

 

凛

あら、ありがとう。本当、優唯は料理得意よね。手際がよくて羨ましい。

 

 

優唯
優唯

凛ちゃんだって、料理できるじゃん。

 

凛

まぁ、できるけども、優唯ほど手際よく作れないのよ。あ、良かったら出来立て食べない?家においでよ。

 

 

優唯
優唯

そうかな~……。え、本当!!行く行く!!わーい!!凛ちゃんのお家!!

 

凛

作っている間は大人しく待っててね。また、漫画とか読んでていいから。

 

 

優唯
優唯

うん!漫画なら眠くならずに読めるから好き~。また、恋愛ものの漫画の続き読ませてもらおっと。続刊出た?

 

凛

それは構わないけど。そんなにハマっているなら優唯の家にも置けばいいじゃない。天国は現世みたくお金の概念がないんだから、ヘブンショップいけば何でももらえるし。何だったら、ヘブンネットを使って、電子書籍版だって手に入るわよ?

 

 

優唯
優唯

凛ちゃんのお家で読むからいいんだよ~。あの2人どうなっちゃうんだろ~。楽しみ~。あと、私、機械苦手だって知ってるじゃん。だから、また凛ちゃんに教わらないとできないよ~。

 

凛

(……。優唯も恋愛に興味津々なのね。そういえば、現世で生きていた時って恋人、いたのかしら?聴いたことなかったわね。私はネット世界でしか心を開けなかったから、リアルに恋人はおろか、友人だっていないけど……。優唯ならいてもおかしくなさそうね。だって、こんなに心が優しい子だもの。好く人はたくさんいたはずだわ……。)

 

 

優唯
優唯

凛ちゃん?どうしたの?出かけて疲れちゃった?荷物半分持つよ。早くお家に帰ろう?

 

凛

…!?あら、ごめんなさい。考え事してただけよ。ありがとう。でも大丈夫よ。これは、優唯にも振る舞うものでもあるんだから、あと紗理奈さんとかもね。私が最後まで持つわ。気持ちだけ受け取っておくね。本当、あなたのその優しいところ好きよ。

 

 

優唯
優唯

えへへ~。私も凛ちゃんのこと大好きだよ!!

 

凛

(はっ!!思わず、好きって言っちゃった!!私のバカッ!!こんな軽はずみになんて言いたくなかったのに//////// もっと雰囲気の良いところでって。べ、別に愛の告白ではないじゃない……。友達(好きな人でもあるけど)の良いところ褒めただけじゃない。何、私は一人でこんなに舞い上がっているの恥ずかしい////////あと、いつもいつも心から思ったことを素直に伝えてくるところよ!!言葉だけでなく、満面の笑みで。本当、私にないところ。だけど、いつかはちゃんと伝えるから。今は…心の中で想わせて……)

 

 

優唯
優唯

凛ちゃん?今度はお顔が赤いけど大丈夫?調子、悪いんじゃない?やっぱり荷物持つの手伝うよ!そして、お家で休もう!

 

凛

だだだ、大丈夫!!大丈夫!!って、もう……。手からいつの間に取ったのよ。ありがとう。優唯には、多く振る舞ってあげる!心配かけてごめんね。休んではいられないわ。だって、これからチョコレートケーキ作ってみんなに配りに行くんだから。

 

 

優唯
優唯

そうだね!じゃあ、私が引っ張ってあげる!!(ぎゅっ)

 

凛

えっ////////

 

 

優唯
優唯

えへへ~。お互い片手が空いているから、手、繋ごう?

 

凛

ふふっ。ありがとう。温かいわ。

 

 

優唯
優唯

さぁ、凛ちゃんのお家に行こう!今日は私が凛ちゃんをリードだよ!お仕事ではいつも助けられているから。

 

凛

頼もしいわね。仕事も慣れてくればあなたならきっと立派な天使になれるわ……。

 

 

 

 

 

優唯
優唯

……(うるうる)うぅ、2人が喧嘩しちゃっているよ~。どうなっちゃうの~?

 

凛

(すっかり、漫画に夢中になっているわね。だけど、あれ、バッドエンドものなのよね。本当は優唯にはよくないかと思って止めようかと思ったけど。でも、何でもハッピーエンドで解決するわけじゃないっていう勉強になるから黙ってましょう)

 

 

優唯
優唯

……うわーん!!2人が別れちゃったよー!!!!!

 

凛

わっ!優唯……。涙と鼻水だらけよ。今、拭いてあげるから。ほら、チョコレートケーキできたから食べて。ほら、鼻もかんで?

 

 

優唯
優唯

うん……チーン(鼻をかむ音)

 

凛

さぁ、綺麗になったわね。召し上がれ。

 

 

優唯
優唯

……(もぐもぐ)美味しい!!ありがとう!!凛ちゃん!!

 

凛

それは良かったわ。さっきは、急に泣き出したからびっくりしちゃったわ。そんなに、漫画でも悲しくなっちゃった?

 

 

優唯
優唯

……(うるうる)うん、だって……。あんなに2人は寄り添っていたから最後まで一緒にいると思ってた。喧嘩しちゃっても仲直りすると思った。

 

凛

そう。だけどね、きずなって脆いものよ。だからこそ信頼を積み重ねていかなきゃいけないのだけど……。漫画の中の2人、喧嘩した時、お互いの不平不満ばかりでなかった?

 

 

優唯
優唯

……そういえば、そうだった。もう、お互いの好きなところ何も言わなくなってた。

 

凛

そうでしょ?それぐらい、もう感情的になってしまってお互いの愛を破壊してしまったの。不平不満は小さい内に発生した都度に対処しないと大きい爆弾となってしまうの。もう、2人の愛は修復不可能となってしまったと思う。悲しいけど、これもまた愛の末路の1つよ。私達はお互いを想い合っている愛の手助けはするけど、壊れそうな愛を勝手に修復するような手伝いはしない。それは、2人がさらなる深い愛を作るための試練でもあるから。これは、恋愛だけではないわ。友情だってそう。優唯、きずなって難しいわよね。私も難しいと思うわ。

 

 

優唯
優唯

……うん……うん……。ねぇ、凛ちゃん。私も凛ちゃんに怒りを溜めさせていないかな?

 

凛

え!?急にどうしたのよ?

 

 

優唯
優唯

……だって、私、いつも凛ちゃんのこと怒らせてばっかりで……。私ができの悪い子だから嫌いになっているんじゃないかって……

 

凛

そんなことないわよ!!

 

 

優唯
優唯

!?!?!凛ちゃんこそ、大きい声、急に出してどうしたの?私、やっぱり怒らせて……。

 

凛

ご、ごめんなさい……。とにかく、それも違う!!わ、私は!!ただ!!あなたみたく素直になれなくて……。つい、感情とは裏腹に怒って言ってしまうの!!心配してるなんて言い訳して……。ごめんなさい。優唯に負担をかけていたなんて……。

 

 

優唯
優唯

……(うるうる)そっか、良かった……。私、凛ちゃんに心配してもらってたんだね。でも、凛ちゃんに褒めてもらえるように、私、これからも頑張るから……よろしくね!!

 

凛

もう、また泣き出して……。優唯ったら……。こちらこそ、よろしくね。

 

 

優唯
優唯

……えへへ。あれ、おかしいな。泣いてて手に上手く力が入らないや。チョコレートケーキまだ残っているのに……。

 

凛

しょうがないわね。ほら、私が食べさせてあげる。あーん。

 

 

優唯
優唯

……(もぐもぐ)ありがとう。涙と混じって、しょっぱさも出てきちゃった。

 

凛

もう、涙も拭いて。よし。少し休む?それとも、次の一口運んでもいい?

 

 

優唯
優唯

ちょっと休む。ねぇ、凛ちゃん。もう一つ聞いてもいい?凛ちゃんは、好きな人っているの?

 

凛

えっ!?(こ、これは……さっき、私が優唯に聞こうと思ってたこと!!優唯が恋愛の話をするなんて……!?やっぱり、恋愛に関心が高くなってて自分の恋愛話を打ち明けるためのきっかけを切り出してきたってことなの!?!?!)

 

 

優唯
優唯

さっき、考え事してたのはもしかしたら、私とじゃなくて過ごしたい人がいて、その人のこと考えていたんじゃないかって……。

 

凛

違う!!私が好きなのは……!!

 

 

優唯
優唯

ん!?凛ちゃんと過ごしたい人がいることが違うって言うけど、好きな人がいる!?どういうこと!?

 

凛

ああ!!深読みしないでよ!!もう!!……///////内緒。優唯の好きな人を教えてくれたら、私も教えてあげる。(あぁ……ついに優唯の好きな人のことを聞いてしまう!!誰なの!?私だってことは……絶対にない……。いつ知り合った人なの!?現世の頃の恋人なの!?)

 

 

優唯
優唯

……いないよ。私、恋愛感情ってよくわからないから。現世で生きていた時もそう。みんな好きじゃダメなの?って疑問しかなかった。誰かを特別に好きになるってことがよくわからなかった。だから、凛ちゃんに聞いているんだ。ごめんね。私はいないけど、凛ちゃんは誰か特別に好きな人がいるの、教えて?

 

凛

……(いないんだ……。良かった……。だ、だけど……心の準備が……!!家で告白って良いのかしら?私的には、もっとロマンチックな風景があるところで思い出の残るようにって……。いや、それよりも恋愛に関心がない人に振り向いてもらうのって難易度高いじゃない!!どうやって、恋愛を教えてあげればいいのよ……。神様、助けてください。私は……!!優唯に今、告白すべきなのでしょうか……)

 

 

優唯
優唯

……凛ちゃん?ごめんね。無理矢理聞いちゃって。言いたくなかったら言わなくていいよ。

 

凛

えっと!!い、いないの!!わ、私ったら、ついさっきは恋人がいないことが恥ずかしいことのように考えてしまって取り繕って言いそうになったけど……いないの!!だから、優唯と一緒よ!!(あああああああ!私のいつもの素直になれない災いが今は転じて福と為している~!!神様、私は、結局素直になれませんでした……。心より懺悔致します……)

 

 

優唯
優唯

そっか……。あれ、何でだろう?凛ちゃんに好きな人がいないことにほっとしちゃった。よくわからない……。もやもやする……。

 

凛

えっ////////と、とにかく、この話はこれでおしまいにしましょう!!ほら、ケーキ食べちゃって!!優唯が食べ終わらなくちゃ、他のみんなに配りにいけないでしょ!?

 

 

優唯
優唯

そ、そうだね!!あ、凛ちゃん、フォーク返して……

 

凛

ほら、このまま、食べさせてあげるから!!あーん!!

 

 

優唯
優唯

……う、うん。あーん(さっきは凛ちゃんがあーんしてくれる、わーいと思ってただけなのに……今は、何だかドキドキする。何でだろう?恋愛の話をしたからかな?不思議……恋愛感情、いつか私にもわかるかな?)

 

凛

……(なんか、優唯の顔赤いわね……。まるで、私の照れがうつったみたい!?……いやいや、自惚れるんじゃないわよ!!私!!優唯はさっき恋愛感情わからないって言ってたじゃない!!)って、もう食べ終わっていたわね。さぁて、みんなにもバレンタインのもの配らなきゃ!!優唯はもう配り終わった?

 

 

優唯
優唯

ううん。凛ちゃんが最初に配った人だもん。一番に渡したかったの凛ちゃんだったから……。だから、一緒にみんなにも配りに行こう?

 

凛

えっ////////そ、そうだったの……。ありがとう。私も優唯が一番だったわ……。じゃ、行きましょうか!!

 

 

優唯
優唯

うん!!り、凛ちゃん。また、良かったら……手、繋ごう?(このドキドキは何だか心地いい。知りたい。凛ちゃんが教えてくれるような気がする……今は凛ちゃんにもっと近づきたいって思う……)

 

凛

しょしょしょ、しょうがないわね!!優唯ったら!!ほら、行きましょう。早く配り終えないとバレンタインデーが終わってしまうわ!!

 

 

優唯
優唯

うん!!(凛ちゃんが近くにいることがいつも以上に嬉しくてたまらない……。少しでも長く手を繋いだままでいられたらいいな……)

 

凛

次は紗理奈さんね!!(優唯ももしかして、ドキドキしてる?手まで熱く感じる……。あぁ、配り終えなくちゃというのに配り終えたら手を繋いでいられる口実がなくなってしまう……だけど、一緒に住んでいるわけじゃないから……バイバイしたら離れなくてはいけないよね。意識を自分に集中しちゃダメ!!今は、優唯と一緒にいられることを楽しまなくちゃ!!)

 

 

 

 

(終わり)

 

 

いやぁ、気づいたら長文百合SSが完成してしまった……。

もっと書きたい欲にも襲われたが、20時に間に合わねーよ!となってしまうので区切りの良いところで〆ました。この後、2人は仲良く手を繋いでいるところを紗理奈ちゃんにからかわれることでしょう!!www

これ、後でSSの部分、pixivに上げるか!カクヨムにも上げときますかね~。

あぁ~早く2人をくっつけたーーい!!何故なら、2人がくっつくことはもう私の頭の中では決定事項なのだよぉ!!!!!過去記事にも書いてますが!!(非公開中だが)

だが……本編進んでいない!!為!!くっつけられませんね~。ある事を乗り越えた上で2人は結ばれるので。早う書かなくては。

 

さて、本来は、あけみさんのブログキャラクターふわりちゃんのお祝い記事の漆うしるさんのブックマークコメントにてバレンタインデーに絵を描きたいと話してましたが、

 

 

 

時間作れなかったので、今回はSS小説にしました!!

絵を描けたとしたら、地獄側のキャラクター、零(ゼロ)と煉(レン)の恋愛模様でも今度こそ描こうかと思ってましたがね~。いつになるやら。

え、それなら、吹き出し、零と煉にすれば良かったじゃんって?アイコンにできる絵もあるのに……。

百合が書きたかった(Q.E.D

あ、とりあえず、イケメンの日でもありますし、bless you!!のイケメン枠である、零の過去絵をもう一度上げておきますか!!

 

#オリジナル 死神と悪魔の血が流れる男と小さき死神 - シィータソルトのイラスト - pixiv

 

 

では、最後にシィータソルトの2020年のバレンタインデーの過ごし方!!

冒頭で話題にした、好きな人でもある親友が家に遊びに来てくれた時にくれたお菓子をバレンタインデーにもらったものと思いながらお菓子を食べました!!

 

f:id:shixi-tasolt:20200214143928j:plain

 

超うめー!!!!!

友達としてか、本命としてか。

いえ……。そもそもこちらのお菓子は、バレンタインデーではなく、遊びに来てくれた時の手土産のものを結局食べずに私が振る舞ったお菓子でお腹いっぱいになったから余ったので私が全部もらったのですよね。まだ、残っているので、小腹が空いた時に食べようと思ってます。

だけど、やっぱ本命としてもらったものにしておこうかな!!

ビバ、思想の自由!!

あ、ちなみにですね。昨日LINEにて、会った時に今年のバレンタインデー職場の人にあげるか悩んでいたので「職場の人にあげることにしたの?」と聞いてから、「私のチョコは?」って聞いたんですよ。近年のバレンタインデーは、会う機会がなかったもので貰えてなかったのですが、一時期は会った時にチョコくれてたんですね。わざわざ用意して。私ももちろんあげてましたよ。

それで、今年の返事は……。

・職場にはあげないことにした

・家族にだけあげる

とのことです!!

 ……今こそ、福山雅治さんの「家族になろうよ」を歌ってプロポーズする時なのだろうかと思いました。

いや、告白の結果どうなったんだよ!!ってまだ、告白記事書けてねぇ!!

この記事執筆後、再び執筆に戻るであります!!もうしばしお待ちを!!

いいんだ!!チョコレートは貰えなかったけど、上の写真に上げた通り、クッキーとアーモンドボール食べたもん!!あと、他にもまだまだお菓子残っているもん!!

あ、そうだ!!ホワイトデーにもう一度お願いしよう!!

3月も会えるかな?2月は2回会えて良かった!!でも、繁忙期なんだよな……。

ってか、3月は私も手術の話が始まるから忙しいかも……。

誘えるようなら誘ってみて、都合ついたら、期待してみましょう。

あと、上のSS頑張って書いてましたよ!!書き始め今日!完成も今日!! と、言いますか、この記事全体が全部そう!!合計約、7400文字!!

 

では、皆様も素敵なバレンタインデーを。

ハッピーバレンタイン!!